2013.12.07

ベルギー指揮官、11月の敗戦を引合いに「韓国はやや日本より劣る」

ヴィルモッツ
ベルギー代表を率いるヴィルモッツ監督 [写真]=Getty Images

 ベルギー代表を率いるマルク・ヴィルモッツ監督が、2014年の開幕を前に6日に行われた、ブラジル・ワールドカップの組み合わせ抽選会を終え、コメントした。ベルギーメディア『LE SOIR』が伝えた。

 シード国のポット1に入っていたベルギーは、グループHでアルジェリア、ロシア、韓国と同組となった。ヴィルモッツ監督は、「大会日程が遅い方になったのはマイナスだ。だが、暑さを避けることができる」と、日程面の不利に触れつつ、試合開催地が他会場と比べ、涼しいところになったことを歓迎した。

 対戦国については、「ベルギーとロシアが突破の本命と思われているかもしれないが、どのチームにもチャンスがあると思っている」と気を引き締めると、韓国とアルジェリアについては、「あまり知らないが、研究する時間はある」とコメント。特に韓国については、11月に対戦し、2-3で敗れた日本を引き合いに出し、「最近、日本と試合をし、アジアの1チームと対戦したことはとてもいいことだ。韓国は、やや日本より劣ると考えている」と印象を語った。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・U
6pt
ハダースフィールド
6pt
ウェスト・ブロムウィッチ
6pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
82pt
ライプツィヒ
67pt
ドルトムント
64pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
3pt
バルセロナ
3pt
レアル・ソシエダ
3pt
欧州順位をもっと見る
ミラン
3pt
インテル
3pt
ユヴェントス
3pt
欧州順位をもっと見る