2013.12.07

コロンビアメディアが香川を紹介「攻撃陣の舵を取るプレーヤー」

香川真司
コロンビアメディアが日本のキーマンに挙げた香川 [写真]=VI-Images via Getty Images

 2014年に開幕を控えたブラジル・ワールドカップの組み合わせ抽選会が6日、ブラジルのコスタ・ド・サウイペで行われた。5大会連続5回目の出場となる日本は、コロンビア、ギリシャ、コートジボワールと同居するグループCとなった。

 コロンビアメディア『EL TIEMPO.COM』は抽選結果を受け、同組となった日本、ギリシャ、コートジボワールを紹介する記事を掲載。同メディアは日本について、キープレーヤーにマンチェスター・Uに所属する日本代表MF香川真司の名前を挙げ、以下のように紹介した。

「日本はイタリア人指揮官のアルベルト・ザッケローニとともに、素晴らしい挑戦をしている。2011年にはアジアカップを制した。コンフェデレーションズカップでは3連敗を喫したが、ザッケローニは勝利をよく知っている監督である」

「カガワは日本を引っ張る選手の1人で、攻撃陣の舵を取るオフェンシブなプレーヤーだ。2010年からヨーロッパでプレーして注目を集め、ドルトムントを経て、現在はマンチェスター・Uでプレーしている」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・U
6pt
ハダースフィールド
6pt
ウェスト・ブロムウィッチ
6pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
3pt
バイエルン
3pt
シャルケ
3pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
3pt
バルセロナ
3pt
レアル・ソシエダ
3pt
欧州順位をもっと見る
ミラン
3pt
インテル
3pt
ユヴェントス
3pt
欧州順位をもっと見る