2013.12.05

ブラジル代表指揮官が6度目のW杯制覇に意欲「大きなチャンス」

ブラジル代表を率いるスコラーリ監督 [写真]=FIFA via Getty Images

 ブラジル代表を率いるルイス・フェリペ・スコラーリ監督が、来年行われるブラジル・ワールドカップに向けて意気込みを語った。『FIFA.com』が伝えている。

 約半年後となった開幕に向けて、「私はまだ、23選手を決めておらず、選手達を観察しているんだ」とチーム作りについてコメント。重圧も予想される母国開催に関しては、「我々は大きなチャンスを持っている。ホームで戦えて偉大なチームも持っている。素晴らしい選手と後ろには素晴らしいファンがついている」とメリットを語った。

 6日にはグループリーグの組み合わせ抽選会が行われるが、「我々は、決勝に進む必要があるので、はじめからどこと対戦となっても勝ち抜く準備をするつもりだよ」と話して、対戦相手については意に介さない様子。大会で着用する新ユニフォームに話が及ぶと、「唯一足りないことは6つ目の星だね」と語り、母国開催での通算6度目の大会制覇に意欲を見せた。

 スコラーリ監督は、2002年の日韓ワールドカップでブラジル代表を指揮。ブラジル通算5度目の優勝に導き、昨年11月に自身2度目の同国代表監督に就任していた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
62pt
マンチェスター・U
50pt
リヴァプール
47pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
44pt
ライプツィヒ
31pt
シャルケ
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
51pt
アトレティコ・マドリード
42pt
バレンシア
40pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
51pt
ユヴェントス
50pt
インテル
42pt
欧州順位をもっと見る