2013.12.05

元スウェーデン代表FWラーション、母国で昇格チームの監督就任

監督就任が決まったラーション氏 [写真]=Getty Images

 元スウェーデン代表FWのヘンリク・ラーション氏が、母国スウェーデンのファルケンベリFFの新監督に就任した。『UEFA.com』が伝えている。

 ラーション氏は2009年の現役引退後、指導者に転身。ランズクローナBoISの指揮官やヘガボリBKのアシスタントコーチを務めてきた。1年契約を結んだラーション氏は、「状況が厳しくなったときこそ、実力を示すチャンスなんだ」と語るとともに、「もちろん難しい任務だが、選択肢は2つある。諦めるか、やるべきことをやるか。我々は自分たちのやり方を信じて前進することにした」と意気込んだ。

 ファルケンベリFFは、昨シーズンに2部リーグを制覇。1部昇格に導いたハンス・エクルント監督が、カルマルFFの新指揮官に就任していた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・U
6pt
ハダースフィールド
6pt
ウェスト・ブロムウィッチ
6pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
82pt
ライプツィヒ
67pt
ドルトムント
64pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
3pt
バルセロナ
3pt
レアル・ソシエダ
3pt
欧州順位をもっと見る
ミラン
3pt
インテル
3pt
ユヴェントス
3pt
欧州順位をもっと見る