2013.11.01

D・コスタはスペイン代表を最終選択、ブラジル代表指揮官は遺憾の意

ジエゴ・コスタ
アトレティコ・マドリードで好調を維持するジエゴ・コスタ [写真]=Getty Images

 ブラジル代表とスペイン代表のどちらでプレーするのかが大きな話題となっていたアトレティコ・マドリードのジエゴ・コスタが、ついに最終結論を出した。RFEF(スペイン・フットボール連盟)は29日、同選手がスペイン代表を選択したことを発表した。

 ジエゴ・コスタは同日、ブラジル代表ではなくスペイン代表でプレーする意思であることを、RFEFおよびCBF(ブラジル・フットボール連盟)に書面にて正式に通知したとのことだ。

 ブラジルとスペインの二重国籍を持つジエゴ・コスタは、ブラジル代表に招集されたことはあるものの国際Aマッチへの出場はないため、スペイン代表への変更が可能となっていた。同選手は既に、スペイン代表入りに前向きな姿勢を示し、ビセンテ・デル・ボスケ監督からも歓迎を受けていたが、ここに来てブラジル代表のルイス・フェリペ・スコラーリ監督が招集の意向を示したため、最終的にどちらの代表を選ぶのか動向に注目が集まっていた。

 これによりジエゴ・コスタは、デル・ボスケ監督から予定通り招集を受ければ、11月15日および19日にアンゴラ代表、南アフリカ代表とそれぞれ対戦する国際親善試合で、スペイン代表として晴れてデビューする運びとなった。

 これに対しスコラーリ監督は、「代表でプレーする意思の無い選手は、自動的に招集外にするしかない」としながらも、ジエゴ・コスタの決断に遺憾の意を表明している。

「彼は、『地元開催のW杯で、母国を背負って戦って欲しい』という無数のブラジル国民の夢に背を向けた」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る