2013.10.23

豪代表の新監督決定…W杯出場決定後、アジア2カ国目の監督交代

ポステコグルー
豪代表監督就任が決まったポステコグルー氏 [写真]=Getty Images

 オーストラリアサッカー連盟(FFA)は23日、同国代表の新指揮官に、メルボルン・ヴィクトリーのアンジェ・ポステコグルー監督が就任すると発表した。契約期間は5年。

 ポステコグルー監督は1965年生まれの48歳。現役時代はDFとしてプレーし、同代表にも選出された経歴を持つ。1993年に現役を引退した後、1996年から指導者としてのキャリアをスタート。サウス・メルボルンやブリスベン・ロアーといった国内クラブと、U-20オーストラリア代表などで指揮を執り、2012年からメルボルン・ヴィクトリーを率いていた。

 監督就任にあたり、ポステコグルー氏は「私は選手として、この国を代表することを誇りに思っていた。今、当時と同じ感覚を抱いている。ミッションへの揺るぎない信念を持って、気迫あるプレーをして、努力していく必要がある」と、抱負を語っている。

 オーストラリアサッカー連盟は12日、同代表を率いていたホルガー・オジェック監督の解任を発表。来年のブラジル・ワールドカップ本大会に向けて、新指揮官を選定する状況にあった。アジア最終予選終了後、同予選突破国が監督交代を行うのは、韓国に続いて2カ国目となった。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る