FOLLOW US

オランダ代表指揮官、スナイデルにチェルシー移籍を勧める

2013年1月からガラタサライでプレーするスナイデル [写真]=Arsenal FC via Getty Images

 イギリス紙『デイリースター』は、オランダ代表を率いるルイス・ファン・ハール監督が、ガラタサライに所属する同代表MFウェスレイ・スナイデルのチェルシー移籍を勧めていると報じた。

 同メディアによると、ファン・ハール監督は「私はチェルシーと(ジョゼ・)モウリーニョ監督がスナイデルを求めていることを知っている」とコメント。「個人的な意見だが、可能であるのならスナイデルはガラタサライを去り、チェルシーに加入するべきだ」と自身の見解を示し、「モウリーニョの下でのプレーは、彼のパフォーマンスを向上させる。それは代表チームでのポジションを奪い返すための手助けにもなるだろう」と、チェルシー移籍を勧める理由を語った。

 スナイデルは、インテルに在籍した2009-10シーズン、モウリーニョ監督の下でスクデットを獲得。コッパ・イタリアに加え、チャンピオンズリーグも制覇し、イタリア史上初の3冠獲得に貢献した。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA