2013.10.17

ロマーリオ氏「ネイマールは私と比較するにはまだ早い。だが私を超える可能性もある」

ロマーリオ
“後輩”ネイマールとの比較について言及したロマーリオ氏 [写真]=LatinContent/Getty Images

 かつてバルセロナとブラジル代表で最強ストライカーの名をほしいままにしたロマーリオ氏が、母国紙『O Dia』とのインタビューで、クラブでも代表でも後輩となるFWネイマールに対して、厳しいながらも期待を込めたメッセージを送った。

「ネイマールは良質なプレーをしており、いずれは偉大な選手になるだろう。しかし、現時点では私のレベルには達していない。つまり、私と比較するにはまだ早いということだ。とはいえ、今のようにレベルアップを続けていけば、キャリアを終えた時に私より上だったと言われる可能性もあるだろう」

 ロマーリオ氏は一方、来年開催されるワールドカップでは地元優勝が期待されるブラジル代表について、チームの完成度が高まっているとの見解を示した。

「6度目の世界王者? そうなることを期待しているよ。この夏のコンフェデレーションズカップの前にその可能性について質問されたなら、『No』と答えていたことだろう。なぜなら、ブラジルは本当に酷いプレーをしていたからだ。しかし、ルイス・フェリペ・スコラーリ監督は自身のアイデアを選手に伝えることに成功した。それゆえ、チームの戦術理解度は今後さらに高まることだろう。今はブラジル、ドイツ、アルゼンチン、スペインを優勝候補として見ている」

欧州リーグ順位表

リヴァプール
88pt
マンチェスター・C
86pt
トッテナム
67pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
70pt
ドルトムント
69pt
ライプツィヒ
61pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
77pt
アトレティコ・マドリード
68pt
レアル・マドリード
64pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
87pt
ナポリ
67pt
インテル
61pt
欧州順位をもっと見る