2013.10.15

元マンUのボスニッチ氏、豪代表指揮官にファーガソン招へいを主張

ボスニッチ
元豪代表GKボスニッチ氏がファーガソン氏の招へいを主張 [写真]=Getty Images

 かつてマンチェスター・Uに所属し、イングランドやオーストラリアで活躍した元オーストラリア代表GKのマーク・ボスニッチ氏が、同代表の新監督に、アレックス・ファーガソン氏を招へいすべきだと主張している。豪紙『シドニー・モーニング・ヘラルド』が15日、ボスニッチ氏のコメントを伝えた。

 同紙は、ボスニッチ氏が、自身のマンチェスター・U在籍時に指揮を執っていたファーガソン氏を、同代表の新監督に招へいすべきとの考えを持っていると報道。「(新指揮官候補として)多くの名前が挙げられているが、まだ聞いたことのない名前がある」と、ファーガソン氏に言及し、「私は正直で、彼の下での(プレー)経験があるから、どのような人物かを知っている。彼の名前は挙げられていないが、彼のような人物が必要なんだ」と、コメントしていることを報じた。

 オーストラリアサッカー連盟(FFA)は、12日にホルガー・オジェック監督の解任を発表。来年のブラジル・ワールドカップ本大会に向けて、新指揮官を選定する状況にある。

 ボスニッチ氏は、1972年生まれの41歳。ユース時代の1989年にマンチェスター・Uへ加入した後、シドニー・ユナイテッド、アストン・ヴィラと渡り歩き、1999年にマンチェスター・Uへ復帰した。1999-2000シーズンには、プレミアリーグ優勝にも貢献。しかし、翌シーズンは出場機会を失い、2001年にチェルシーへ移籍した後、2003年に現役を引退。2008年に母国のセントラルコースト・マリナーズで現役に復帰し、シドニー・オリンピックFCで2009年に引退した。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
3pt
チェルシー
3pt
ボーンマス
3pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る