2013.10.12

日本戦を振り返るセルビア指揮官「困難な試合で勝利は幸運だった」

ミハイロヴィッチ
日本戦を振り返ったミハイロヴィッチ監督 [写真]=Getty Images

 国際親善試合が11日に行われ、セルビア代表と日本代表が対戦した。試合はセルビアが後半に2得点し、2-0で勝利している。

 セルビアを率いるシニシャ・ミハイロヴィッチ監督が試合を振り返り、以下のようにコメントした。

―実際に戦ってみて日本の印象はどう感じたか? 試合を前にどのような対策を立てていたか?
「大変に難しい試合だったと思う。日本は世界でも上位ランクに位置する素晴らしい代表だと思っていたし、実際に試合でもとてもコンパクトなプレーをし、技術的にオーガナイズされたキレのあるプレーをしてきた。とても困難な試合だった」

―(デヤン・)スタンコヴィッチに関しては?
「セルビアサッカーに関して大変貢献のあった選手。私も選手もセルビアサッカー史上に残る大選手の引退試合を勝利で飾れて嬉しく思う」

―イタリアに戻る可能性はあるのか?
「今の時点ではセルビアの監督を務めているのでいつとは言えないが、いつかは戻りたいと思っている。しかし、それは具体的にいつになるか、また、将来的にどういうシチュエーション、組み合わせの中で戻るのかは今の時点では言えないし、それをはっきり言う立場ではない。いつか日本にも行きたいと思っている(笑)」

―前半にゴールに近いFKがあり、(ゾラン・)トシッチと本田圭佑が蹴ってゴールにはならなかったが、ミハイロヴィッチ監督ならば入れていたと思うが、何かアドバイスがあるか?
「FKは本田もトシッチも上手な選手だと思っている。ただ、いつも成功するわけではない。絶えず練習を繰り返すことしかないと思う。前半については、非常に苦戦した。スタンコヴィッチの引退試合ということもあり、また私としても沢山の選手について考慮しなければいけなかった。ただ、その中で特に前半は苦戦した。我々の方が日本よりもスピードがなかった。後半はスピードが出たかもしれないが、特に前半については良いサッカーができなかったと思う。ただ結果については満足している。以前は出来がよくなかったが、段々と成長してきて成熟したサッカーに近づいている。美しいサッカーができれば、美しい将来、より望ましい将来に繋がると期待している」

―スタジアムの雰囲気については?
「もちろん応援が一番重要な要素ではないにしても、良いサッカーをすれば良い応援をしてくれると思うし、そういう意味では今日は良いスタジアムの雰囲気だったと思う。ノヴィサドでは今まで負けていないし、これからもノヴィサドで試合をして勝ち続けることが自分にとっても望ましいことではないかと思う」

―(アルベルト・)ザッケローニ監督は、「今日の試合は日本が上回っていた」と語っていたが、監督から見れば具体的にどの辺が日本が上回っていたと感じたか?
「私たちの方に良い結果が出たことは幸運だったと思う。実際に日本の方が内容では上回っていたし、日本の選手はとてもよくやっていた。私たちはまだ若いチームで、私たちが要求するだけの成熟したサッカーができなかったということがあると思う。私が要求している通りのレベルで戦えれば、日本ももっと苦戦したと思うが、私たちはまだそのレベルに達していないということ。日本の組織的サッカーは非常に良い出来だったが、原則として良いサッカーをした方が勝つというのがサッカーだと思う」

欧州リーグ順位表

リヴァプール
76pt
マンチェスター・C
74pt
トッテナム
61pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
60pt
ドルトムント
60pt
ライプツィヒ
49pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
66pt
アトレティコ・マドリード
56pt
レアル・マドリード
54pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
75pt
ナポリ
60pt
インテル
53pt
欧州順位をもっと見る