2013.10.12

豪代表オジェック監督の解任が決定…国際親善試合で大敗を喫する

オジェック
オーストラリアサッカー連盟がオジェック監督の解任を発表 [写真]=Getty Images

 オーストラリアサッカー連盟(FFA)は12日、オーストラリア代表の指揮官を務めるホルガー・オジェック監督の解任を発表した。

 オーストラリア代表は、11日に行われた国際親善試合でフランス代表に0-6で大敗。9月に行われたブラジル代表戦でも、0-6と完敗を喫していた。

 オーストラリアサッカー連盟のフランク・ロウィー会長は、オジェック監督解任に際し、以下のようにコメントしている。

「(オジェック監督の解任は)オーストラリア代表の再生とワールドカップ、アジアカップの準備に基づくもの。FFAは、ブラジルワールドカップで競争力のあるチーム作りをすること、2015年1月に自国で開催されるアジアカップを制するという目標を設定した。それらを達成するには変化が必要であるという結論に至った」

 また、ロウィー会長はオジェック監督に対し、「オーストラリアのフットボールへの貢献に感謝したい。彼の今後の活躍を祈っている」と語った。なお、15日に予定されているカナダ代表との国際親善試合では、アシスタントコーチのアウレリオ・ヴィドマー氏が暫定的に指揮を執る。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
88pt
マンチェスター・C
86pt
トッテナム
67pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
70pt
ドルトムント
69pt
ライプツィヒ
61pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
77pt
アトレティコ・マドリード
68pt
レアル・マドリード
64pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
87pt
ナポリ
67pt
インテル
61pt
欧州順位をもっと見る