2013.10.02

ベッカム氏、MLS新規参入チームのオーナー就任に近づく…英紙報道

ベッカム
MLSのクラブ共同オーナー就任を目指していると見られるベッカム氏 [写真]=ChinaFotoPress via Getty Images

 昨シーズン限りで現役を引退した元イングランド代表MFデイヴィッド・ベッカム氏が、アメリカのMLS(メジャーリーグ・サッカー)のクラブオーナーになることが近づいていると、イギリス紙『デイリーメール』が報じた。

 同紙は、ベッカム氏がマイアミに拠点を置くMLS新規参入チームの共同オーナー就任に向かっており、現在最終交渉段階に入っていると伝え、クリスマス前には進捗を説明すると見ている。

 今回のプロジェクトには、プロアメリカンフットボールチームのマイアミ・ドルフィンズのオーナーであるスティーヴ・ロス氏、人気番組『アメリカン・アイドル』のクリエイターであるサイモン・フラー氏、モバイル機器メーカーのブライトスター・コーポレーション創業者のマルセロ・クラウレ氏が協力していると、併せて報じられている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
87pt
マンチェスター・U
74pt
リヴァプール
70pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
75pt
シャルケ
55pt
レヴァークーゼン
51pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
83pt
アトレティコ・マドリード
71pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
85pt
ナポリ
81pt
ローマ
64pt
欧州順位をもっと見る