2013.09.11

ロマーリオ氏がメッシを独自分析…ニュートンとアインシュタインになぞらえる

ロマーリオ
メッシに対し、独特の表現で評価したロマーリオ氏 [写真]=LatinContent/Getty Images

 ブラジル史上最高のストライカーの1人である元同国代表FWのロマーリオ氏が、最大のライバルであるアルゼンチン代表で大黒柱を務めるバルセロナのFWリオネル・メッシに関して、その超人的なプレーを独自の視点から分析した。

 物静かな普段の姿からは一変して、ピッチでは爆発的な力を発揮するメッシ。ロマーリオ氏はその理由について、自身のツイッターで飛躍的な持論を展開した。

「皆さんは、メッシがアスペルガー症候群の症状を持つことをご存知だろうか? これは軽い自閉症にも例えられるものだが、他の誰をも凌駕する高い集中力がもたらされると言われている」

 ロマーリオ氏はまた、メッシを科学史が誇る2人の天才になぞらえ、今後の更なる活躍にエールを送った。

「ニュートンやアインシュタインも同様の症状を持っていたという。メッシが彼らのように日々向上し、美しいフットボールを披露し続けることを期待している」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る