2013.09.11

ウクライナとイングランドがドロー、H組は大混戦/欧州予選

ウクライナとイングランドの一戦はスコアレスドローに終わった [写真]=Getty Images

 ブラジル・ワールドカップ出場を懸けたヨーロッパ予選が10日に行われ、グループHでは、ウクライナ代表とイングランド代表が対戦した。

 7試合を終えてグループ首位のイングランドは、フランク・ランパード、スティーヴン・ジェラードらが先発出場。アウェーゲームに臨んだ。

 イングランドは前半、ジェラードがミドルシュートを放つなど、ウクライナゴールを脅かすものの、ゴールを挙げることはできず。ウクライナにもチャンスを作られたが、身体を張った守備で応戦。スコアレスで前半を終えた。

 後半に入っても、両チームはチャンスこそ作りながらも、均衡を破ることはできなかった。試合は0-0で終了。勝ち点1を分け合う結果となった。

 イングランドは8試合を消化して、4勝4分けの勝ち点16。グループ首位をキープした。ウクライナは4勝3分け1敗の勝ち点15。モンテネグロも同15で、同日にサンマリノを破ったポーランドは同13となり、勝ち点差3の中に4チームがひしめく混戦となっている。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
42pt
マンチェスター・C
41pt
トッテナム
36pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
36pt
ボルシアMG
29pt
バイエルン
27pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
セビージャ
28pt
アトレティコ・マドリード
28pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
43pt
ナポリ
35pt
インテル
29pt
欧州順位をもっと見る