FOLLOW US

瀬戸所属アストラ、和久井所属ノーメ・カリュはEL本戦出場ならず

 ヨーロッパリーグ本戦出場を懸けたプレーオフのセカンドレグが、29日に各地で行われた。

 MF瀬戸貴幸の所属するルーマニアのアストラは、ホームでイスラエルのマッカビ・ハイファと対戦。ファーストレグを0-2で落としていたアストラは、27分に先制点を獲得するも、7分後に同点となるアウェーゴールを許してしまう。試合は1-1のまま終了し、アストラは2戦合計1分1敗で、本戦出場はならなかった。なお、瀬戸は負傷のため、ベンチ外だった。

 FW和久井秀俊らが所属するエストニアのノーメ・カリュは、アウェーでウクライナのドニプロと対戦。ホームの初戦を1-3で落とし、苦しい状況だったノーメ・カリュは、セカンドレグも0-2で敗戦。2連敗で大会から姿を消すこととなった。なお、和久井は先発し、55分までプレーした。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA