FOLLOW US

元鹿島ジョルジーニョ氏、降格圏に沈むポンチ・プレッタの監督就任

ポンチ・プレッタの監督就任が決まったジョルジーニョ氏 [写真]=Getty Images

 ブラジルのポンチ・プレッタは26日、クラブの公式HPで、ジョルジーニョ新監督の就任を発表した。

 ポンチ・プレッタは今シーズン、ブラジル全国選手権で15試合を消化し、4勝3分け8敗。勝ち点15で、降格圏内の17位に低迷している。

 監督就任にあたり、ジョルジーニョ氏は、「伝統のあるビッグクラブで指揮を執る機会を得ることができて、とてもうれしい。良いチームなので、現在の状況はふさわしくないものだと思っている。懸命に戦いたい。最初の目標は、降格圏を脱すること。それを果たしてから、より大きな目標を考えたい」と、抱負を語った。

 昨シーズン、鹿島アントラーズで監督を務めたジョルジーニョ氏は、3月17日に古巣フラメンゴの指揮官に就任。しかし、6月5日のナウティコ戦に0-1で敗れ、解任されていた。フラメンゴでは公式戦14試合を指揮。7勝4分け3敗の成績だった。

 ジョルジーニョ氏は1964年生まれ。1984年にフラメンゴに加入し、1986年のリオ州選手権、1987年のブラジル全国選手権で優勝を果たしている。その後、レヴァークーゼン、バイエルンを経て、1995年に鹿島に移籍。在籍4年間で4つのタイトルを獲得した。また、ブラジル代表として1994年のアメリカ・ワールドカップを制覇している。2003年の現役引退後は指導者に転身し、2010年の南アフリカ・ワールドカップにはブラジル代表のヘッドコーチとして参加した。そして2012年には鹿島の監督に就任。ヤマザキナビスコカップとスルガ銀行チャンピオンシップを制覇したが、1年限りで退任していた。ブラジル国内での指揮はポンチ・プレッタが5クラブ目となる。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA