FOLLOW US

韓国サポーターの横断幕問題、大韓協会は「特に対応予定ない」

 サッカー日本代表は28日、東アジアカップ2013の最終戦で韓国代表と対戦。2-1で競り勝ち、勝ち点7となり大会初制覇を果たした。

 同試合では試合中に、韓国サポーターの応援スタンドに『歴史を忘れた民族に未来はない』と書かれた巨大な横断幕が掲出されたことが問題となっている。

 日本サッカー協会の抗議により、横断幕は撤去され、大仁邦彌会長はEAFF(東アジアサッカー連盟)に抗議文を提出したことを認めている。また、日本政府の菅義偉官房長官も「極めて遺憾」と記者会見でコメントしている。

 FIFA(国際サッカー連盟)は応援時の政治的主張を禁止しているため、何らかの処分が下る可能性があるが、韓国メディア『聯合ニュース』は大韓サッカー協会の声明を伝え、「横断幕が掲出されたことに、何か特別な対応をする予定はない」と明らかにしたことを報じている。

 一方で、日本側の応援団の一部で旭日旗が掲げられた件を取り上げ、「東アジアサッカー連盟と議論中」と、何らかの処分を求める意向を示している。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA