2013.07.29

日本戦敗退に韓国指揮官「試合の流れを読む力が少し落ちていた」

ホン・ミョンボ
東アジアカップを未勝利で終えた韓国代表のホン・ミョンボ監督 [写真]=Getty Images

 サッカー日本代表は28日、東アジアカップ2013の最終戦で韓国代表と対戦。2-1で競り勝ち、勝ち点7となり大会初制覇を果たした。

 開催国の韓国は2分1敗の勝ち点2で、3位に終わった。韓国代表のホン・ミョンボ監督のコメントを大韓サッカー協会公式HPが伝えている。

 勝利を挙げることなく東アジアカップを終えた韓国だが、ホン・ミョンボ監督は、「いい部分もあったが、悪かった部分もあった。ファンに勝利を届けられず、申し訳なく思う。ただ選手たちは最善を尽くしてくれた」と選手たちを労った。

 日本戦で良かった点については、「得点を挙げられなかったことは残念だが、全体的に攻撃の組み立てなどはうまくいった」と短くコメントする一方、悪かった点には、「うまくいかなかった部分は今日の試合でも見て取れた。選手たちの試合のマネジメント能力だ。最初の失点は、ボールがどこに流れていくかを正確に判断しなければならず、これが最初の間違いだ。2失点目は1-1の同点で迎え、我々が攻める状況だったが、1-1の引き分けで終わらせるべき試合でもあった。選手たちは全体的なマネジメント、試合の流れを読む力が少し落ちていたようだ」と、敗因を分析している。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
76pt
マンチェスター・C
74pt
トッテナム
61pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
60pt
ドルトムント
60pt
ライプツィヒ
49pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
66pt
アトレティコ・マドリード
56pt
レアル・マドリード
54pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
75pt
ナポリ
60pt
インテル
53pt
欧州順位をもっと見る