2013.07.25

ロナウジーニョ擁すアトレチコ・Mが初の南米制覇…リベルタ杯優勝

PK戦を制して喜ぶアトレチコ・ミネイロの面々 [写真]=LatinContent/Getty Images

 南米のクラブ王者を決めるコパ・リベルタドーレス決勝のセカンドレグが24日に行われ、ブラジルのアトレチコ・ミネイロとパラグアイのオリンピアが対戦した。

 オリンピアのホームで行われたファーストレグは、オリンピアが2-0で先勝。セカンドレグは、アトレチコ・ミネイロのホームで行われた。

 試合は、9分にアトレチコ・ミネイロのロナウジーニョがミドルシュートを放つが、GKの好セーブに遭って得点ならず。13分にはオリンピアがGKと一対一となる絶好機を迎えたが、GKの好守に防がれ、先制点とはならなかった。

 前半は、両チームともにチャンスを迎えながらゴールは生まれず、スコアレスで折り返した。後半に入ると、開始直後の47分に右サイドからのクロスに対して、ジョーがボレーシュートで合わせて得点。アトレチコ・ミネイロが均衡を破った。

 スコアが動くと、リードを得たアトレチコ・ミネイロが攻勢を続ける。試合終了間際まで追加点を奪えずにいたが、88分にセットプレーの流れからレオナルド・シウヴァがヘディングで2点目をマーク。土壇場でアトレチコ・ミネイロが2試合合計スコアで追いついた。

 試合はアトレチコ・ミネイロが2-0でリードしたまま、90分を終了。2試合合計スコアが2-2の同点となったため、延長戦に突入した。アトレチコ・ミネイロは延長戦も圧倒的に攻め込むが、互いに勝ち越し点は奪えずに、決着はPK戦に委ねられた。

 PK戦では、アトレチコ・ミネイロが4-3と上回り、クラブ創設以来、初の大会制覇を果たした。

 南米王者に輝いたアトレチコ・ミネイロは、12月にモロッコで行われるクラブ・ワールドカップに、南米代表として出場する。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
25pt
マンチェスター・U
20pt
トッテナム
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
バイエルン
20pt
ライプツィヒ
19pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
25pt
バレンシア
21pt
アトレティコ・マドリード
19pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
25pt
インテル
23pt
ユヴェントス
22pt
欧州順位をもっと見る