FOLLOW US

父、水沼貴史氏の前で宏太が2得点…鳥栖が勝利、デル・ピエロは75分プレー

水沼宏太のヘディング弾が決勝点となり鳥栖が2-1でシドニーFCに勝利した [写真]=Getty Images

 親善試合が24日に行われ、サガン鳥栖とシドニーFCが対戦した。

 鳥栖は東アジアカップに参加している豊田陽平キム・ミヌが欠場し、水沼宏太清武功暉などが先発。シドニーFCはアレッサンドロ・デル・ピエロがスタメンとなった。

 試合は開始2分にゴール正面で鳥栖がFKを得ると、水沼が右足で直接FKをゴール左に決め、早々に先制する。一方のシドニーFCは23分、デル・ピエロがボールをキープし起点になると、パスを受けたライアン・グラントがブレット・エマートンとのワンツーで前進。グラントがペナルティエリア内へ送ったパスは通らなかったが、こぼれ球を自身がシュートし、ゴール左へ決めて同点とする。

 36分にはカウンターから左サイドのデル・ピエロが中央にドリブルをしながらヒールパスで左サイドへスルーパスを通してチャンスメイクするなど、シドニーFCがペースを掴んでいたが、40分に相手DFのパスミスが、右サイドの清武にわたり、クロスボールを水沼がヘディングで合わせて勝ち越し点を挙げる。

 後半に入ってからは鳥栖が優勢に試合を進める。疲れの見えたデル・ピエロは76分に交代し、1万5000人を超える観客の拍手の中、ベンチへ下がった。スコアはその後も動かず、同試合を中継したスカパー!の解説を務めた元日本代表MF水沼貴史氏が見守る中、息子の水沼宏太が挙げた2得点により、2-1で鳥栖が勝利した。

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料キャンペーンはこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA