FOLLOW US

日本3クラブ在籍の韓国代表DFパク・チュホが岡崎のマインツへ

韓国代表DFパク・チュホがマインツへ移籍 [写真]=Getty Images

 日本代表FW岡崎慎司が所属するマインツは17日、バーゼルの韓国代表DFパク・チュホを獲得したことを発表した。パクはメディカルチェックを受けた後、正式に契約を結ぶ予定。契約期間は2年で、さらに2年間の延長オプションが付いている。移籍金は非公表。

 26歳のパクは、2008年に水戸ホーリーホックに加入。翌2009年には鹿島アントラーズへ移籍し、リーグ制覇に貢献した。2010年にはジュビロ磐田へ加入。2011年6月には、バーゼルへ移籍した。年代別の韓国代表にも名を連ね、2010年からはA代表に選出されている。

 パクの加入にあたり、マインツのトーマス・トゥヘル監督は、「パク・チュホは非常に戦術眼に優れた選手で、チームに適応するだろう。国際経験も豊富だ。バーゼルではサイドバックとしてプレーしていた。彼のクオリティを見られることを、我々は大変喜んでいる」とコメントしている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA