2013.07.16

レアルが3300億円で資産価値1位クラブに…トップ3をサッカーが独占

全世界のスポーツクラブで資産価値1位となったレアル・マドリード [写真]=Real Madrid via Getty Images

 アメリカの経済誌『フォーブス』は、全世界のスポーツクラブ資産価値ランキングを発表し、レアル・マドリードが1位となった。

 サッカークラブのみの資産価値は4月にすでに発表されていたが、レアル・マドリードは約33億ドル(約3293億円)と推計されている。また、2位は日本代表MF香川真司の所属するマンチェスター・Uで約31億7000万ドル(約3163億円)、3位はバルセロナで26億ドル(約2594億円)となり、上位3クラブをサッカーチームが占めた。4位にアメリカ・プロ野球のニューヨーク・ヤンキースが約23億ドル(約2295億円)、5位にアメリカ・プロフットボールのダラス・カウボーイズが約21億ドル(約2095億円)で続いた。

 トップ50では、サッカークラブは3チーム以外に10位アーセナル、12位バイエルン、37位ミラン、40位チェルシーと計7クラブがランクインした。

 競技別では、アメリカ・プロフットボールのNFLから30チーム、欧州サッカーとアメリカ・プロ野球のMLBから7チーム、アメリカ・プロバスケットボールのNBAから3チーム、自動車レースのF1から2チーム、アメリカ・プロホッケーのNHLから1チームが入った。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る