FOLLOW US

C大阪がFW永井龍のパース・グローリーへの移籍期間延長を発表

期限付き移籍期間が延長となった永井龍 [写真]=Getty Images

 セレッソ大阪は12日、オーストラリアのパース・グローリーFCに4月30日まで期限付き移籍していたFW永井龍の移籍期間を、7月1日から2014年1月31日まで延長したと発表した。

 永井は移籍期間延長について、以下のようにコメントした。

「今回、もう一度パース・グローリーFCに期限付き移籍する事になりました。今、自分が成長できるのはどこだろうとたくさん考えて決断しました。でも、セレッソで輝きたいという気持ちは変わりませんし、セレッソが好きという気持ちはこれからも変わりません。この大好きなチームで活躍するために、今はパース・グローリーで頑張ろうと思います。そして、この移籍を受け入れ、受け止めていただいた、強化部長や監督、コーチ、スタッフ、セレッソの選手の方々にほんとうに感謝しています。ありがとうございます。もう一まわりも二まわりも大きくなって帰ってきます。引き続き、応援よろしくお願いします」

 22歳の永井は、2012年10月からパース・グローリーに移籍。オーストラリアのAリーグで17試合に出場して2ゴールを挙げていた。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO