2013.07.10

プレーオフで79-0に67-0…ナイジェリアで前代未聞の大量得点

 ナイジェリアの国内サッカーで八百長の疑惑がかかり、ナイジェリアサッカー協会の調査が行われていると『BBC』が報じている。

 調査が行われているのは、同国下部リーグのプラトー・ユナイテッド・フィーダーズとアクルバFCの試合と、ポリス・マシンFCとブバヤロFCの試合の2試合。プラトー・Uとポリス・マシンの2チームは、全国リーグ昇格を争うプレーオフで、同勝ち点で並んでいた。昇格のために、得失点差で相手を上回る必要があった両チームは、前半をプラトー・Uが7点リード、ポリス・マシンが6点リードで終える。前半だけでも大量点が決まった試合だったが、後半に入ってから前代未聞の動きを見せる。プラトー・Uが後半だけで72得点、ポリス・マシンが61得点を記録。最終スコアはそれぞれ、79-0、67-0となった。

 サッカーでは起こりえない結果に、協会組織委員会の会長を務めるムク・ウメー氏は、「受け入れられない。スキャンダルなものだ」と非難。また、「チームの処分が決まるまで、無期限の資格停止とする」と声明を発表している。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
16pt
マンチェスター・U
16pt
チェルシー
13pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
16pt
ホッフェンハイム
14pt
バイエルン
13pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
アトレティコ・マドリード
14pt
セビージャ
13pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
18pt
ユヴェントス
18pt
インテル
13pt
欧州順位をもっと見る