2013.07.02

スペイン撃破にネイマール「まさかここまで上手くいくとは…」

ネイマール
コンフェデ杯を振り返ったネイマール [写真]=FIFA via Getty Images

 コンフェデレーションズカップは6月30日、大会の最後を飾る決勝がマラカナン・スタジアムで行われ、ブラジル代表が3‐0でスペイン代表に快勝して大会3連覇を達成した。

 大会前は開催国として優勝候補の一角に挙げられる一方で不安も囁かれながら、終わってみればグループリーグから無傷の5連勝を飾ったうえ、スペイン代表の公式戦での無敗記録を29試合でストップしたブラジル代表。この日も1ゴールを決めて大会MVPに当たる“ゴールデン・ボール”を受賞したブラジル代表FWネイマールが、FIFA(国際サッカー連盟)とのインタビューで、大会を振り返った。

「正直言って、まさかここまで上手くいくとは思っていなかった。チームメートとも『あらゆる事が一気にやって来て、あらゆる面で順調に進んでいる』と話していたところだった。ここまでで最高のパフォーマンスをもって、素晴らしい形で大会を締めくくることができ、とにかく嬉しいね」

 今大会は左右両足でそれぞれ2ゴールを挙げたネイマールは、利き足だけに頼らない万能な決定力を生み出した要因として、父親からのアドバイスを忠実に守り続けてきたことを挙げた。

「僕は日々トレーニングを繰り返しているし、常に左右両足を均等に使うよう心掛けている。自分は小さい頃から、父に『どちらの足でシュートを放つかなど、選んではならない。ボールが左側に来れば左足で、右側に来れば右足で蹴るべきだ』と言われてきた。その教えが守れたようだね。左足の方に来たボールも、上手い具合にしっかりと捉えることができた」

 10年間過ごしたサントスに別れを告げ、新シーズンからはバルセロナでプレーするネイマール。スペイン代表の多くを占めるバルセロナの選手から、試合後に祝福を受けたことを心より喜んだ。

「新しいチームメートから祝福され、本当に幸せな気分になった。なぜなら、彼らは僕が感服してきた存在だからだ。そんな選手達と一緒にプレーできるというのは、誇りであり喜びだ。今大会の活躍で、彼らからのリスペクトが増すかって? そんなことは無いと思う。彼らは、偉大なクラブにおけるどの選手とも同じように、僕のことを受け入れてくれることだろう」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
16pt
マンチェスター・U
16pt
チェルシー
13pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
16pt
ホッフェンハイム
14pt
バイエルン
13pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
アトレティコ・マドリード
14pt
セビージャ
13pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
18pt
ユヴェントス
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る