FOLLOW US

ブラジル指揮官がカカらの招集可能性に言及「ドアは開いている」

コンフェデ杯制覇のスコラーリ監督(右)が今後を展望した [写真]=FIFA via Getty Images

 コンフェデレーションズカップの決勝が6月30日に行われ、ブラジル代表とスペイン代表が対戦。ブラジルが3-0で完勝し、大会3連覇を果たした。

 ブラジル代表のルイス・フェリペ・スコラーリ監督は試合後、今後について展望した。スペイン紙『アス』がコメントを伝えている。

「コンフェデレーションズカップのメンバーに対して、来年のワールドカップ行き(メンバー入り)を約束することはない」とコメントしたスコラーリ監督。アトレティコ・ミネイロ所属のMFロナウジーニョやレアル・マドリードMFカカの招集可能性について問われると、「ドアは開いている」と語った。

「私のチームは、献身するメンバーで構成されていて、皆で共通の目標を達成した。チームには多くの愛情が満ちていて、自由な雰囲気があるよ。我々はアミーゴ(友達)なんだ」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO