2013.06.23

メキシコのFWエルナンデス、グループリーグ敗退は「非常に残念」

エルナンデス
試合後、エルナンデスはマンチェスター・Uでチームメートの香川真司と健闘を称え合った [写真]=Getty Images

 22日、コンフェデレーションズカップ2013のグループA第3節が行われ、日本代表とメキシコ代表が対戦。ハビエル・エルナンデスの2ゴールにより、メキシコが日本に2-1で勝利した。

 試合後、マン・オブ・ザ・マッチに選出されたメキシコのFWエルナンデスが、グループリーグ敗退に終わった今大会を振り返った。

――今大会は何が一番の収穫だったか?
「監督が語るかもしれないけど、後味が悪いと思う。チームが大会から姿を消したことは、非常に残念。メキシコは少なくとも、過去の大会で好成績を残していたが、今大会は違った。だから、後味の悪さの残る大会だった。それは一つの教訓として持ち帰らないといけないと思う」

――ホセ・マヌエル・デ・ラ・トーレ監督が辞める可能性があるが?
「僕が答えることではない。僕は僕で、選手として国のためにピッチ内外で貢献するだけ。監督の去就についてコメントすることはできない。90分間、全力で選手としてプレーするだけのこと。僕の頭の中には、プレーのことしかない。そのような質問に答えることは、できないよ」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る