2013.06.23

イタリアとの打ち合いを制したブラジル、3連勝でグループ首位突破

ブラジルがイタリアを下して3連勝 [写真]=FIFA via Getty Images

 コンフェデレーションズカップのグループA第3節が22日に行われ、イタリア代表とブラジル代表が対戦した。

 開幕2連勝を果たし、既に準決勝進出を決めている両チーム。イタリアは、アンドレア・ピルロが先発から外れ、アルベルト・アクイラーニ、リッカルド・モントリーヴォ、クラウディオ・マルキージオらが先発メンバーに名を連ねた。一方のブラジルは、ボランチのパウリーニョに代わって、エルナネスが大会初先発。他の先発10選手は開幕2試合と同じで、ネイマール、フッキ、フレッジが前線を構成した。

 ブラジルは開始直後の1分、敵陣でのパスカットから、オスカルがペナルティーエリアに進入。相手DFにブロックされてシュートは打てなかったものの、ブラジルが立ち上がりから積極的な姿勢を見せる。

 イタリアは26分、モントリーヴォが負傷により交代。エマヌエレ・ジャッケリーニが投入される。さらに30分にも、負傷したイニャツィオ・アバーテに代わってクリスティアン・マッジョがピッチへ。前半のうちに、アクシデントで2選手が交代する展開となった。一方のブラジルも、34分にダヴィド・ルイスが負傷交代。ダンテが途中出場となった。

 先制点はブラジルが奪った。前半アディショナルタイム、左サイドで得たFKをネイマールが蹴り込むと、中央のフレッジがヘディングシュートを放つ。一旦はGKジャンルイジ・ブッフォンが弾き出したものの、こぼれ球にダンテが反応。左足で押し込んで、ゴールネットを揺らした。前半は1-0で終了。ボールポゼッション率65パーセントを記録したブラジルが、1点をリードしてハーフタイムを迎えた。

 イタリアは後半立ち上がりに同点ゴールを奪う。51分、ペナルティーエリア右側でボールを受けたジャッケリーニが、ゴール左隅に突き刺し、スコアを1-1とした。

 追い付かれたブラジルだが、すぐさま勝ち越しに成功する。53分、ペナルティーエリアのわずか手前で、ネイマールがマッジョに倒され、FKを獲得。ネイマールは自ら奪ったFKをゴール右隅に決めた。55分のゴールで、ブラジルが再びリードを奪った。

 ブラジルは66分にフレッジが追加点を挙げ、リードを2点に広げる。一方のイタリアも71分、右CKからジョルジョ・キエッリーニが決め、再び1点差に詰め寄る。

 ブラジルは89分に追加点。フレッジが自身2点目を決めて、スコアを4-2とした。試合はこのまま終了。ブラジルがイタリアを下し、3連勝を飾った。

 グループリーグ全3試合を消化して、イタリアは2勝1敗の勝ち点6。グループ2位で準決勝へ進む。3連勝のブラジルは勝ち点9で、グループ首位突破を決めた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・U
6pt
ウェスト・ブロムウィッチ
6pt
ワトフォード
4pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
82pt
ライプツィヒ
67pt
ドルトムント
64pt
欧州順位をもっと見る
レアル・ソシエダ
3pt
レガネス
3pt
バレンシア
3pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
3pt
ナポリ
3pt
ミラン
0pt
欧州順位をもっと見る