2013.06.22

日本戦を前にメキシコ監督「現状を把握し、将来に目を向けたい」

メキシコ代表のデ・ラ・トーレ監督が今後を展望した [写真]=LatinContent/Getty Images

 メキシコ代表を率いるホセ・マヌエル・デ・ラ・トーレ監督が21日、コンフェデレーションズカップ・日本戦の前日会見に臨んだ。

 デ・ラ・トーレ監督は、チームの現状と開催国ブラジルの印象を語り、今後を展望した。

―ブラジルで行われているデモが拡大しているが、それについてコメントは? チームのセキュリティ対策は、デモが拡大したことで変わったか?
「我々はスポーツをするために来ている。ホスト国で行われている、それ(スポーツ)以外のことには携わらないようにしている。セキュリティに関してだが、チームに対して提供されるかもしれないが、我々はスポーツをしに来ているので関与しない。スポーツ以外は我々の関わることではないし、何もできないと思う」

―チームのバランスはどうなっているか? ワールドカップ予選についてはどう思っているか?
「ワールドカップ予選はまだ終わっていない。まずは前進するのみ。非常に良いチームと対戦したから、戦いやすいものではなかった。だが、我々自身を信じているので、もっとできるのではないかと思う。また、それ以外についてはコメントできない。チームについては、メキシコ代表についてしかコメントできない。あとは、ゴールドカップに向かって前進するだけだ」

―今大会はテスト大会ということだが? ブラジルはワールドカップのホスト国に適していると思うか?
「今大会はテストではなく、真剣勝負の大会と見ている。どの国も我々の立場にありたいと望んでいるだろう。だから、このチャンスを十二分に利用しなければいけないと思っている。もちろん準決勝に進みたかったが、残念ながらそれはできない。大きな大会を主催することはどの国も望んでいる。我々も主催したいと思っている。そしてどのようなレベルにあるのかを、どのチームも知りたいと考えているし、どの大会においても、参加するからには勝ちたいと思うものだ」

「我々がどういうレベルにあるかを知るために、大会に参加する。今の状況がどうなのか、現状を把握したいと思っている。そして、将来に目を向けたい」

―監督にはどれだけプレッシャーがかかっているか? また、ゴールドカップへのプレッシャーは?
「いつもあるようなプレッシャーだ。目標を達成するためのプレッシャーで、それに尽きる」

―今後はどのようなことを期待するか?
「このようなクオリティのチームを維持できるのであれば、すばらしいと思う。ブラジルの良い組織(運営)については、我々も来年に期待している。来年のブラジルにおいて、主催者側としての組織運営は、非常に優れたものが期待できるのではないか。もちろん、まだ完成していないものもあるかもしれないが。しかし、1年後にどのようなことができるのかという点については、我々としては考えることしかできない。ワールドカップに出場することによって、初めてわかることだと思う」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・U
6pt
ウェスト・ブロムウィッチ
6pt
ワトフォード
4pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
82pt
ライプツィヒ
67pt
ドルトムント
64pt
欧州順位をもっと見る
レアル・ソシエダ
3pt
レガネス
3pt
バレンシア
3pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
3pt
ナポリ
3pt
ミラン
0pt
欧州順位をもっと見る