2013.06.22

メキシコ代表指揮官「日本は非常に良くまとまったチーム」

メキシコ代表のデ・ラ・トーレ監督が日本戦の前日会見でコメント [写真]=LatinContent/Getty Images

 メキシコ代表を率いるホセ・マヌエル・デ・ラ・トーレ監督が21日、コンフェデレーションズカップ・日本戦の前日会見に臨んだ。

 デ・ラ・トーレ監督は、日本の特徴に言及し、試合内容を展望。日本戦への意気込みを語っている。

―日本の強みと弱みは?
「日本は非常に良くまとまったチームだと見ている。優れたプレーヤーばかりで、チャンスを与えられると、それを活用できるメンバーが揃っている。非常に質の高いチームだが、隙間に入ることができるのではないかと思う。ブラジルとイタリアがそれを実践してきた。我々も中に入り込んでいけるのではないかと思っている。もちろん、強みがあることはわかっているが、我々も強いものがあると思うので、いい試合をしたい。我々も誇りを持っているから、勝ちたい」

―日本対イタリア戦で得点した本田圭佑、香川真司、岡崎慎司の具体的な印象は?
「彼らには、非常に特長があり、チームメートを動かすことができる。そのような資質を持っていると思う。ただ、3人と対戦するのではなく、チーム全体に立ち向かうことになる。サイドに展開してうまくボールを扱い、相手にプレッシャーをかけるということもできるはず。我々は、できることに集中していかないといけない」

―相手のレベルをどう見ているか? 大会で敗退して終わりだと思っているか、それともワールドカップ予選への希望を繋いでいるのか?
「今大会でプレーしている全てのチームが、非常に高いレベルのプレーを見せている。通常では、このように高いレベルのチームが揃うことはない。ワールドカップ並み(のレベルの大会)となっている。コンフェデレーションズカップには、王者が集まっているんだ。今大会が終われば、我々はゴールドカップに向かう。各プレーヤーをよく見て、勝利に向けて努力しないといけない」

―今年に入って先発メンバーが変わっているようだが、今回の11選手はどう考えたか?
「どの大会でも内容が変わり、負傷者もいる。戦術的な理由で起用できない選手もいるかもしれない。また、対戦相手を考えても、先発メンバーを変えることもある。だから、同じチームを毎回ピッチに出すかどうかは気にしていない。異なった特長を出しつつ、同じフォーメーションを続けることができるのであれば、それでも良いと思っている。チームにバリエーションをもたらすことができると思う」

―選手に対してどのようにモチベーションを与えているか?
「これは大会の中での対戦で、親善試合ではない。我々は毎日戦う。モチベーションはそれこそ、選手の中にある。外から力を与えてくれることを期待しているのではないし、そのようなことは待っていない」

―明日の試合は(ブラジル・ワールドカップ北中米カリブ海予選の)9月6日のホンジュラス戦に対して役に立つのか?
「どの試合も役に立つものだ。どういうことができるのか、スタミナや個々の選手を見ないといけない。全ての試合で集中することが有用だと思っている。いかなる大会、いかなる試合が役に立つ。他の大会の選手選出においても、役に立つと思っている」

―試合ではどのようなことを望んでいるか?
「イタリア戦の負け方は気に入らなかった。やりたいことができなかったんだ。ブラジル戦はホスト国との試合でありながらも、我々のゴールチャンスは多くあったが、残念ながら得点することはできなかった。勝つことが良い結果だったが、残念ながらそれができなかった。我々が学んだことは、いかなる状況でも対応できるチームがあるということ。選手のクオリティがあり、いかなる状況でも対応できて、(状況に)ついていけるということだ」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・U
6pt
ハダースフィールド
6pt
ウェスト・ブロムウィッチ
6pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
3pt
バイエルン
3pt
シャルケ
3pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
3pt
バルセロナ
3pt
レアル・ソシエダ
3pt
欧州順位をもっと見る
ミラン
3pt
インテル
3pt
ユヴェントス
3pt
欧州順位をもっと見る