FOLLOW US

歓声に驚くタヒチ指揮官「ブラジルの人々の心に届いた」

スペインのデル・ボスケ監督と握手を交わすエタエタ監督(左) [写真]=FIFA via Getty Images

 コンフェデレーションズカップのグループB第2節が20日に行われ、スペイン代表とタヒチ代表が対戦した。チェルシー所属のFWフェルナンド・トーレスが4得点、バルセロナのダビド・ビジャがハットトリックを達成するなど、大量10ゴールを記録。スペインが10-0でタヒチに大勝し、開幕2連勝を果たした。

 タヒチ代表のエディー・エタエタ監督が、10失点を喫しての敗戦を振り返った。スペイン紙『マルカ』がコメントを伝えている。

「この試合で起こったことはものすごい驚きだった。数多くの失点を喫したにも関わらず、マラカナン(スタジアム)の観客から、大きな歓声とサポートをもらったんだ。今まで、これほどまでの称賛を受けたことはなかった」

「ブラジルの人々の心に届く(試合をする)ことができた。これはとても重要な意味を持つことだ。我々は0-10で敗れたが、大いなる勝利をつかみ取ったかのような感覚だよ」

 23日のグループ最終節では、スペインはナイジェリアと、タヒチはウルグアイとそれぞれ対戦する。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA