2013.06.21

フォルラン決勝弾、ウルグアイがナイジェリアに勝利/コンフェデ杯

フォルラン
ウルグアイのフォルランが決勝点を決めた [写真]=Getty Images

 コンフェデレーションズカップのグループB第2節が20日に行われ、ナイジェリア代表とウルグアイ代表が対戦した。

 開幕節のタヒチ戦を6-1で制しているナイジェリアは、ジョン・オビ・ミケルらが先発出場。タヒチ戦でハットトリックのヌナムディ・オドゥアマディも、先発メンバーに名を連ねた。一方のウルグアイは、開幕節でスペインに1-2で敗戦。ディエゴ・フォルランが大会初先発を果たし、ルイス・スアレス、エディンソン・カバーニとともに攻撃陣を形成した。

 敗れるとグループリーグ敗退が決まるウルグアイは、立ち上がりから積極的に攻撃を仕掛ける。先制点は19分。フォルランが左CKのこぼれ球を拾うと、中央へグラウンダーのクロスボールを送る。ニアサイドのカバーニはボールにヒットすることができなかったが、背後で待っていたディエゴ・ルガーノが反応。左足で合わせ、ゴールネットを揺らした。

 ナイジェリアは37分に同点に追い付く。パス交換で中央を突破すると、バイタルエリアでミケルがボールを持つ。ミケルはペナルティーエリアに進入すると、対面したルガーノをかわし、左足でゴール左隅に蹴り込んだ。前半は1-1で終了した。

 勝ち越しゴールを奪ったのはウルグアイだった。51分、自陣でボールを持ったスアレスが前へ運び、中央のカバーニへ。カバーニは、さらに左側を走っていたフォルランへラストパスを送る。ペナルティーエリア内でパスに追い付いたフォルランは、トラップせずに左足を一閃。ゴール左隅に突き刺して、ウルグアイが2-1と再びリードした。

 70分には、フォルランからのロングパスに反応したカバーニが、最終ラインの背後を取り、相手GKと一対一に。しかし、シュートは枠を大きく外し、追加点は生まれなかった。

 ウルグアイは、83分にスアレスに代えてセバスティアン・コアテスを投入。攻撃の枚数を減らし、守備を固める。ナイジェリアにゴールを脅かされる場面もあったが、同点ゴールは許さず。2-1で逃げ切り、大会初勝利を挙げた。

 ナイジェリアとウルグアイは、グループ2試合を終えて、ともに1勝1敗の勝ち点3。得失点差で上回るナイジェリアが2位、ウルグアイが3位となっている。なお、グループ首位は、開幕2連勝で勝ち点6のスペインで、タヒチは同0の4位。

 23日のグループ最終節では、ナイジェリアはスペインと、ウルグアイはタヒチとそれぞれ対戦する。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・U
3pt
ハダースフィールド
3pt
マンチェスター・C
3pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
82pt
ライプツィヒ
67pt
ドルトムント
64pt
欧州順位をもっと見る
レガネス
3pt
バレンシア
3pt
アスレティック・ビルバオ
0pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
91pt
ローマ
87pt
ナポリ
86pt
欧州順位をもっと見る