2013.06.20

イタリア代表指揮官「後の試合にもつながる、有益な試合だった」

プランデッリ
日本戦を振り返ったプランデッリ監督 [写真]=FIFA via Getty Images

 コンフェデレーションズカップのグループリーグ、グループAの第2節が19日に行われ、イタリア代表と日本代表が対戦。イタリアが4-3で勝利し、グループAでは1試合を残してブラジルとイタリアのグループ突破が決まった。

 試合後の記者会見に臨んだイタリア代表のチェーザレ・プランデッリ監督は、以下のようにコメントしている。

「苦戦だった。1つの試合の中でも、いくつかの小さな試合があった。体力面でも堪えた。日本の方が1日多く休養があったため、そのことが響いたのではないかと思う。大会は興味深いが、スケジュールを考えるべきだ。暑い国だし、体力回復のためにもう少し休養を取れる日程である必要がある。だが、それを含めても我々はラッキーだった。日本の方が良かった。我々もあきらめず、結果を求めた。3-3になった時、我々には攻撃する力が残っていた。今後の試合にもつながる、有益な試合だった」

―試合前と試合後で日本の印象は変わったか?
「日本は非常にまとまっており、優秀な選手もいる。試合が終わってから変わったということではなく、さらに敬意を表するチームになったのではないかと思っている。また、さらにポテンシャルを伸ばせるチームであるとも感じる」

―アルベルト・アクイラーニを30分で代えたが?
「個々の能力ということではなく、戦術的に交代する必要があった。FWがもう1枚必要で、(エマヌエレ)ジャッケリーニが(マリオ)バロテッリをもう少しサポートする必要があった。選手交代がイタリアに効果的だったのではないかと思う」

―主審のジャッジについては?
「我々が意見を言うことはない。だが、PKに関しては異論が出せるのではないだろうか。技術的なミスが審判にあったのではないか。審判も調子が悪い日だってある」

―ブラジル戦に向けては?
「どの選手が起用可能か見極めなければいけない。選手は疲れている。筋肉系に疲労を抱えている選手がいるかもしれないので、明日のテストでどういう結果が出るかだ」

―前半劣勢だったが?
「いい距離感を掴めなかった。かなり選手が後方にいて、プレッシャーもかけられなかった。いくつか個々のミスがあり、守備面でもミスがあった。そういったミスが重なるとなかなか修正しにくい。それが徐々に修正され、前半の終盤は良くなった」

―もう1枚FWが必要だった理由は?
「適切なシステムを常に探している。非常に素晴らしいチームと対戦したが疲労もあった。今夜は素晴らしいパフォーマンスを見せなければならなかったが疲れがあった。同じシステムで同じ事をやり直そうとしたが、それぞれの役割を果たせなかった」

―疲労と言ったが、選手が相手を過小評価していたのでは?
「その分析は正しいのではないか。私もそのような印象を受けた。反省しなければならない。なぜなら、いつものように正しいペースで相手にプレッシャーを与えられるのであれば、それをしながら自分たちの強みを引き出すことができるが、対戦相手にプレッシャーをかけられなければ、体力的にも犠牲を払うことになる」

―準決勝でスペインと対戦する可能性があるが?
「まだ考えてはいない。どれだけの選手が体調を回復できるか確認しなければならない。ブラジル戦も重要なものと見ている。唯一の問題は体調を戻すこと。どの試合も同じ決意をもって真面目に取り組まなければならない」

欧州リーグ順位表

リヴァプール
60pt
マンチェスター・C
53pt
トッテナム
48pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
45pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
36pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
アトレティコ・マドリード
41pt
レアル・マドリード
36pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
53pt
ナポリ
44pt
インテル
39pt
欧州順位をもっと見る