2013.06.20

ブラジル代表のD・ルイスが鼻骨骨折、コンフェデ杯後に手術へ

ダヴィド・ルイス
メキシコ戦で鼻を負傷したダヴィド・ルイス(中央) [写真]=Getty Images

 コンフェデレーションズカップのグループA第2節が19日に行われ、ブラジル代表とメキシコ代表が対戦。ブラジルが2-0でメキシコを下し、開幕2連勝を果たした。ブラジルは1試合を残して、イタリアとともにグループ突破を決めた。

 チェルシー所属のブラジル代表DFダヴィド・ルイスは、メキシコ戦での接触プレーで鼻を負傷。鼻血を出し、治療する場面があった。試合後、ダヴィド・ルイスは鼻骨を骨折したことを明かした。ブラジルメディア『サンバフット』がコメントを伝えている。

「僕の鼻は折れている。でも、これも試合の一部だ。この大会が終わるのを待って、手術をすることになるだろう」

「(スタジアムの雰囲気は)スリリングだったよ。スタジアム中の人々が、情熱的に国歌を歌っていた。その様子を見るのは、人生で最高の感覚だった。彼らのために、僕たちは常にベストを尽くす。ピッチに向かう時に、より強い刺激を受けたよ」

欧州リーグ順位表

リヴァプール
57pt
マンチェスター・C
53pt
トッテナム
48pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
42pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
33pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
アトレティコ・マドリード
38pt
セビージャ
33pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
53pt
ナポリ
44pt
インテル
39pt
欧州順位をもっと見る