2013.06.19

W杯出場決定の韓国代表、指揮官のチェ・ガンヒ監督が退任

チェ・ガンヒ
退任が決まったチェ・ガンヒ監督 [写真]=Getty Images

 大韓サッカー協会は19日、チェ・ガンヒ監督が契約満了により退任したことを発表した。

 チェ・ガンヒ監督は、2011年12月にチョ・グァンレ監督の後任として、韓国代表を率い、在任期間中の国際Aマッチでは13試合を戦い、6勝2分5敗だった。以前からチェ・ガンヒ監督は、韓国代表の指揮は最終予選までで、W杯本大会では指揮しない意向を示していた。

 韓国代表は18日に行われたブラジル・ワールドカップ出場権を懸けたアジア最終予選のイラン戦にホームで0-1と敗戦し、1位の座を明け渡し、W杯本大会出場権争いでウズベキスタン代表に勝ち点で並ばれたものの、得失点差で2位通過を果たし、8大会連続9回目の本大会出場を決めていた。

 後任には、日本でプレー経験があり、監督として2012年のロンドン・オリンピックでU-23韓国代表を銅メダル獲得に導いたホン・ミョンボ氏の名前が挙がっている。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
60pt
マンチェスター・C
56pt
トッテナム
51pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
45pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
36pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
46pt
アトレティコ・マドリード
41pt
レアル・マドリード
36pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
56pt
ナポリ
47pt
インテル
40pt
欧州順位をもっと見る