FOLLOW US

鹿島などに在籍したジウトン、熱湯浴びせられ全身に20%の火傷

 鹿島アントラーズアルビレックス新潟セレッソ大阪に在籍経験のあるブラジル人DFジウトンが、全身に20パーセントの火傷を負い、入院中であるとブラジルメディア『LANCE!』が報じている。

 ジウトンは14日の夜、寝ている間に交際相手の女性から熱湯を浴びせられたため、火傷を負い、搬送後、顔や胸の手術を受けた模様だ。交際相手の女性は、ジウトンが他の女性とメールをしていたことに腹を立てたため、今回の行動に至ったようだ。なお、ジウトンの命に別状はないと報じられている。

 ジウトンは、2008年7月にブラジルのジョインヴィレからC大阪に期限付き移籍で加入。2009年には新潟、2010年には鹿島でプレーした。2013年はパラナ・クルーベに在籍したが5月に退団し、現在は無所属となっていた。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO