FOLLOW US

ついに最終戦を迎えるW杯アジア最終予選…各国の出場権獲得条件は

アジア最終予選、W杯本大会出場残り3枠のゆくえは…… [写真]=Getty Images

 ブラジル・ワールドカップの出場権を懸けたアジア最終予選が、ついに終わりを迎える。2011年6月から1次予選が始まり43チームが参加した戦いは、18日に最終戦が行われる。

「4.5」枠の出場権があるアジアでは、最終予選のグループA、Bの上位2チームが自動的に本大会出場権を獲得。最終戦を前に、一足先にグループBの日本が5大会連続5回目の出場を既に決めている。

 グループAでは、勝ち点14で韓国が首位。同13のイラン、同11でウズベキスタンが続いている。出場の可能性は上位3チームに絞られ、最終戦では韓国とイランが激突。ウズベキスタンはホームにカタールを迎える。韓国はホームでの一戦で、引き分け以上の成績を残せば出場権獲得。敗れた場合もウズベキスタンが勝利し、得失点差6を逆転されない限り、出場権を逃すことはない。2位のイランは韓国に勝つか、ウズベキスタンが引き分け以下となれば出場権をつかむ。引き分けた場合は、ウズベキスタンがカタールに勝利しても得失点差で逆転されない限り出場権が確定する。

 3位のウズベキスタンは、カタールに勝つことが最低条件。勝利した上で、イランが敗れるか、イランが韓国に勝利してウズベキスタンが韓国を得失点差で上回るか、韓国とイランが引き分けてイランを得失点差で上回るしかない。

 グループBでは日本のグループ首位とイラクの敗退が決定。勝ち点10でオーストラリアが2位、同9のオマーン、同7のヨルダンという順位となっている。最終戦ではオーストラリアとイラク、ヨルダンとオマーンが対戦する。

 オーストラリアは勝利するか、引き分けた場合でもオマーンがヨルダンに勝たない限り2位が決定する。敗れた場合は、ヨルダンが勝利して得失点差14を逆転されなければ、出場権を手にできる。また、ヨルダンとオマーンが引き分ければ、5点差以内の敗戦なら2位に入る。3位のオマーンは勝った上でオーストラリアが引き分け以下、引き分けた場合はオーストラリアが7点差以上で敗れるか、6点差で敗れて総得点で上回れば出場権獲得。ヨルダンに敗れた場合は、4位での敗退となる。4位のヨルダンは、勝利が絶対条件。勝った場合も、オーストラリアが敗れ、得失点差14を逆転しない限り出場権は手にできない。

 なお、得失点差が並んだ場合は、総得点の多いチームが上位になる。各グループの3位は9月に行われるプレーオフで激突。勝者が南米予選の5位と、「0.5」枠を巡って対戦する。

グループA、Bの順位と日程は以下のとおり。

◆グループA順位表(6月17日時点)
1位 韓国 勝ち点14 得失点差+7(7試合消化)
2位 イラン 勝ち点13 得失点差+5(7試合消化)
3位 ウズベキスタン 勝ち点11 得失点差+1(7試合消化)
4位 カタール 勝ち点7 得失点差-4(7試合消化)
5位 レバノン 勝ち点5 得失点差-9(8試合消化)

グループAの試合日程
6/18 21:00KO(日本時間)韓国vsイラン
6/18 21:00KO(日本時間)ウズベキスタンvsカタール
※レバノンは試合なし

◆グループB順位表(6月11日時点)
1位 日本 勝ち点17 得失点差+11(8試合消化)
2位 オーストラリア 勝ち点10 得失点差+4(7試合消化)
3位 オマーン 勝ち点9 得失点差-2(7試合消化)
4位 ヨルダン 勝ち点7 得失点差-10(7試合消化)
5位 イラク 勝ち点5 得失点差-3(7試合消化)

グループBの試合日程
6/18 18:30KO(日本時間)オーストラリアvsイラク
6/18 25:00KO(日本時間)ヨルダンvsオマーン
※日本は試合なし

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO