2013.06.15

U-21伊代表のヴェッラッティ、準決勝前に「経験は相手の方が上」

ヴェッラッティ
オランダ戦への意欲を語ったヴェッラッティ [写真]=Getty Images

 ベスト4が出揃ったU-21欧州選手権、15日に行われる準決勝では、優勝候補のスペイン代表がダークホースのノルウェー代表と対戦する一方、前評判通りグループリーグを勝ち上がってきたイタリア代表とオランダ代表が顔を合わせる。

 この接戦が予想される強豪同士の一戦を前に、大会の注目選手の1人であるイタリア代表のMFマルコ・ヴェッラッティが、オランダ代表との戦い方について自身の見解を示した。

「オランダのようなチームとの対戦では、試合のリズムが激しくなる可能性が高い。彼らは高い位置からプレスを掛けてくるのを常とするので、僕らはできるだけ相手の背後を狙っていくべきだろう。また、彼らはフィジカル面でもテクニック面でも優れているゆえ、僕らはとにかくボールへの寄せを速くする必要がある。それらに注意したうえで、しっかりとボールを繋ぎ、ゴール前で冷静に仕留めるという、自分達らしいプレーをすることが重要だ」

 今年2月に行われたA代表の国際親善試合では、オランダ相手に後半ロスタイムにゴールを決め、イタリアにアウェーでの1‐1のドローをもたらしているヴェッラッティ。個人的な相性の良さに期待を寄せつつも、チームとして結果を残すことが重要との姿勢を貫いた。

「あのゴールが今回の試合で自分に幸運をもたらしてくれるといいね。だが、最も重要なのはチームとして決勝に進むことだ。そのためには、全員が持てる力を出し切らなければならない」

 ヴェッラッティは一方、12人もの選手が既にA代表でデビューしているオランダに対して、「経験では彼らの方が上」と素直に認めている。

「このような類の大会において、選手にとって経験は非常に重要だ。ピッチでいっそう余裕と自信を持ってプレーすることができるからね。彼らよりも経験の少ない僕達は、その点においては不利な状況にある」

とはいえ、自身の状態の良さに言及したヴェッラッティは、オランダ撃破に向けて内なる闘志を燃やした。

「僕はこのチームにいられて嬉しいし、オランダ戦に向けてやる気に満ち溢れている。幸いにも大会初日からベストコンディションを保つことができており、チームメイトやコーチングスタッフには感謝している。ここまでのイタリアには8点を付けたいが、僕達はこれを9点ないし10点まで上げられるはずだ」

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る