FOLLOW US

ブラジルとイングランドは両者譲らずドロー/国際親善試合

イングランド代表FWルーニー(中央)はミドルシュートで2点目を決めた [写真]=Getty Images

 国際親善試合が2日にリオデジャネイロで行われ、ブラジル代表とイングランド代表が対戦した。

 均衡が破れたのは57分。先制点はブラジルが奪った。オスカルが右足でミドルシュートを放つと、緩やかな軌道を描いたボールは右ポストに直撃。こぼれ球に反応したフレッジがボレーシュートをたたき込み、ゴールネットを揺らした。

 1点ビハインドとなったイングランドは、67分に同点に追い付く。短いパスをつないで中央を突破すると、フランク・ランパードがウェイン・ルーニーへ鋭い縦パス。ルーニーがワンタッチで後方へ落とすと、走り込んだアレックス・チェンバレンが右足で強烈なミドルシュートを沈めた。スコアは1-1となった。

 勢いに乗るイングランドは、79分に逆転。左サイドでパスを受けたルーニーが中央へカットインすると、カーブをかけたミドルシュートをゴール右隅に決めた。

 ホームゲームで逆転を許したブラジルも意地を見せる。82分、右サイドからのクロスボールに、パウリーニョが右足ボレーで合わせて、同点に。試合はこのまま2-2で終了した。

 ブラジルは、9日に国際親善試合でフランスと対戦。6月15日に開幕するコンフェデレーションズカップでは、15日の開幕戦(グループA第1節)で日本と対戦する。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO