FOLLOW US

イングランドに辛らつ発言のネイマール「W杯の脅威にならない」

イングランド代表に対して厳しい発言をしたネイマール [写真]=LatinContent/Getty Images

 サントスからバルセロナへ移籍することが決定したブラジル代表FWネイマールが、イギリス紙『サン』のインタビューに応え、来年に迫ったブラジル・ワールドカップについて語った。

 ブラジル代表は、2日にイングランド代表との親善試合をブラジルで行うが、ネイマールはイングランドの印象について、「クラブで偉大なことを達成してきたイングランドの選手たちには大きな尊敬を持っている。だけど、代表についてはイングランドを見ていないし、ワールドカップで真の脅威になるとは思っていない」と、軽視する発言をした。

 ワールドカップ本大会については、「ファンの前でワールドカップを勝ち取りたいと思っているけど、脅威となるのはスペインとドイツだ」と2カ国に対しての警戒感と語ると、「その次にアルゼンチンやオランダ、イタリア、あと1、2カ国が続くね。でもイングランドについては考えていない」と、ライバルの国名を挙げている。

 2日の親善試合へは、「大一番だ。新しいスタジアムで勝利したいからね。重要なことは監督に印象づけること。ワールドカップの開幕戦は11人しかピッチに立てないんだから、選手はその場所にふさわしいことを証明する必要がある」と、監督の信頼を得るべく、全力でプレーすることを誓っている。

 ネイマールは以前にも「イングランド代表はウェイン・ルーニーに依存している」と、批判的な発言を残している。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO