2013.05.22

ヤンキースがサッカー界進出…マンCと共同でMLSに新チーム設立

マンチェスター・Cとヤンキースは、MLSに共同で新クラブを設立する [写真]=Getty Images

 マンチェスター・Cと大リーグのニューヨーク・ヤンキースは21日、共同で新クラブを設立して、メジャーリーグサッカー(MLS)に参入すると、それぞれの公式HPで発表した。

 新クラブは、マンチェスター・Cとヤンキースの共同出資で設立。クラブ名は「ニューヨーク・シティ・フットボールクラブ(NYCFC)」で、MLSの20チーム目として2015年から参入する予定となった。

 MLSのコミッショナーを務めるドン・ガーバー氏は、新クラブ設立について、「世界のプロスポーツ界で最も権威のある名門2チームをMLSに迎え入れることを誇りに思う」とコメントした。

 ヤンキースは、ワールドシリーズを最多の27度制覇しているメジャーリーグ屈指の名門チーム。日本人選手は、かつて松井秀喜氏らが在籍し、現在もイチロー外野手や黒田博樹投手が所属している。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
3pt
チェルシー
3pt
ボーンマス
3pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る