FOLLOW US

スタンダールが敵地で4失点喫してPO初黒星…川島、永井が出場

 ベルギーリーグのプレーオフ第5節が20日に行われ、ロケレンと日本代表GK川島永嗣、FW永井謙佑、FW小野裕二の所属するスタンダール・リエージュが対戦。川島は先発出場、永井はベンチスタート、小野はベンチから外れた。

 プレーオフでは無敗のスタンダール・リエージュだったが、アウェー戦に臨むと、10分に先制点を挙げられ、25分にも追加点を奪われる苦しい立ち上がりとなった。33分に、ポール・ジョゼ・ムポクのゴールで1点差に迫って前半を折り返したが、後半に再び失点。70分、77分と立て続けにゴールを割られてしまい、4失点を喫した。

 攻撃陣もムポクのゴールのみに抑えられてしまい、1-4と敗れ、プレーオフ初黒星となった。川島はフル出場、永井は56分から途中出場した。

 リーグ戦の上位6クラブが臨むプレーオフは、リーグ戦で獲得した勝ち点の半分が持ち上がった状態で、2回戦の総当たり方式で行われる。スタンダールは3勝1分け1敗の勝ち点35で、暫定3位となった。28日の第6節では、ズルテ・ワレヘムとホームで対戦する。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO