2013.04.17

カーディフが52季ぶりの1部復帰を決める…過去に稲本潤一も在籍

ベラミー
昇格を決めて喜ぶカーディフのベラミー [写真]=Getty Images

 イングランド・チャンピオンシップ(2部相当)が16日に、各地で行われた。

 首位を走るカーディフは、ホームでチャールトンと対戦して、0-0のスコアレスドローに終わった。カーディフは引き分けたが、勝ち点84で首位を維持。3位のワトフォードが、ミルウォールに0-1で敗れて勝ち点71にとどまったことで、3試合を残して来シーズンのプレミアリーグへの自動昇格圏内の2位以上が確定した。

 カーディフは、ウェールズに本拠地を構えるクラブで、過去には元日本代表MF稲本潤一も在籍。過去3シーズンに渡って昇格プレーオフで敗れていたが、今回の自動昇格で、1961-1962シーズン以来となる52シーズンぶりの1部復帰が決まった。

 なお、16日に行われた試合では、2位のハル・シティもウォルヴァーハンプトンとのアウェー戦で0-1と敗戦。勝ち点77のままで、カーディフとの勝ち点差は7に広がっている。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
45pt
マンチェスター・C
44pt
トッテナム
39pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
39pt
ボルシアMG
33pt
バイエルン
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
セビージャ
31pt
アトレティコ・マドリード
31pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
46pt
ナポリ
38pt
インテル
32pt
欧州順位をもっと見る