2013.04.16

元鹿島のジョルジーニョ、ベベット息子のユーヴェ移籍に難色

ジョルジーニョ
フラメンゴのジョルジーニョ監督(右から3番目)がMFマテウスの移籍に難色 [写真]=LatinContent/Getty Images

 ブラジル紙『ランセ』は15日、フラメンゴの監督で元鹿島のジョルジーニョ氏が、所属するU-20ブラジル代表MFマテウスの海外移籍に難色を示していると報じた。

 1994年生まれのマテウスは、元ブラジル代表FWベベット氏の息子。今年1月に行われた南米ユース選手権に出場したU-20ブラジル代表メンバーに名を連ね、今夏にユヴェントスへ移籍するのではないかと報じられている。

 ジョルジーニョ監督はマテウスについて、「クラシカルな攻撃的MFで、両足でシュートを打てるすばらしい選手だ。ヘディングが強く、パスも非常にうまい」と称賛したうえで、「彼は試合をコントロールする必要がある。その技術を2、3年間で学ぶことになるだろう。ただ、もし彼が海外に、例えばユヴェントスに移籍するのであれば、成功できるかどうかわからない」とコメント。今夏の海外移籍に否定的な見解を示した。

 そしてジョルジーニョ監督は、「マテウスにはフラメンゴに残って、必要な時間を過ごしてほしい。そうすれば、(サンパウロ所属のブラジル代表MF)ガンソのような10番になれる」と語り、マテウスの残留を望んでいることを明かした。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
44pt
リヴァプール
42pt
トッテナム
39pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
39pt
ボルシアMG
30pt
バイエルン
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
セビージャ
31pt
アトレティコ・マドリード
31pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
46pt
ナポリ
35pt
インテル
32pt
欧州順位をもっと見る