FOLLOW US

スタンダールが敵地で打ち合い制して逆転勝ち…川島、永井が出場

スタンダール・リエージュを最後尾から支える川島 [写真]=ムツ カワモリ

 ベルギーリーグのプレーオフ第3節が12日に行われ、ズルテ・ワレヘムと日本代表GK川島永嗣、FW永井謙佑、FW小野裕二の所属するスタンダール・リエージュが対戦。川島と永井は先発出場、小野はベンチ入りしなかった。

 アウェー戦に臨んだスタンダール・リエージュは、開始早々5分に先制点を奪われてしまう。40分にヴィリアン・ヴァンクールが同点ゴールを挙げるが、前半終了間際の44分にイェレ・ヴァン・ダメのオウンゴールで、勝ち越し点を献上してしまった。

 1点ビハインドで迎えた後半は、54分にも失点を喫して点差を広げられてしまうが、後半から出場していたポール・ジョゼ・ムポクが62分に得点。1点差に詰め寄ると、65分にはカヌが同点ゴールを挙げる。勢いに乗るスタンダール・リエージュは、79分にもイモー・エゼキエルが得点して、ついに逆転に成功した。

 勝ち越したスタンダール・リエージュは、86分に相手が退場者を出したこともあり、4-3と逃げ切り、プレーオフの2勝目を挙げた。川島はフル出場、永井は83分までプレーした。

 リーグ戦の上位6クラブが臨むプレーオフは、リーグ戦で獲得した勝ち点の半分を持ち上がった状態で、2回戦の総当たり方式で行われる。スタンダールは2勝1分けの勝ち点32で、暫定3位につけている。16日の第4節では、ゲンクとホームで対戦する。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO