FOLLOW US

バーゼルが初のベスト4…トッテナムはPK戦で力尽きる

バーゼルがPK戦を制し、初のベスト4進出を決めた [写真]=Getty Images

 ヨーロッパリーグ準々決勝セカンドレグが11日に行われ、バーゼルとトッテナムが対戦した。

 トッテナムのホームで行われたファーストレグは2-2のドロー。セカンドレグでも両チームは、一進一退の攻防を見せた。先手を取ったのはアウェーのトッテナム。23分、スルーパスに反応したクリント・デンプシーが、GKヤン・ゾマーをかわして左足で冷静に流し込み先制。一方のバーゼルも27分、モハメド・サラーが決めて同点に追い付く。前半は1-1で終了した。

 後半に入ると立ち上がりの49分、バーゼルが逆転に成功する。CKのこぼれ球をアレクサンダル・ドラゴヴィッチが押し込んで2-1に。しかし、粘るトッテナムは83分、クリント・デンプシーが自身2点目を決めて再び同点とした。

 後半終了間際には、トッテナムのヤン・ベルトンゲンがレッドカードで一発退場となったが、試合は2-2で前後半を終了。延長戦に突入した。

 延長戦では、数的優位のバーゼルがペースを握り、チャンスを作り出す。しかし、トッテナムも懸命の守備で耐えしのぎ、得点は生まれなかった。決着はPK戦へ持ち越された。

 PK戦は、先攻のバーゼルが3人連続で成功したのに対し、トッテナムは1人目のトム・ハドルストーンと3人目のエマニュエル・アデバヨールが失敗。バーゼルは勝負を決める4本目をマルセロ・ディアスが決めて、熱戦に終止符を打った。

 死闘を制したバーゼルは、クラブ初のベスト4進出となった。ヨーロッパリーグ準決勝の組み合わせ抽選会は、日本時間の12日19時から行われる。

ヨーロッパリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA