2013.02.12

UAE移籍の経緯を語った森本「監督や同僚の存在が大きかった」

 今冬にカターニアからUAEのアル・ナスルへ期限付き移籍した日本代表FW森本貴幸が、『スカイスポーツ・イタリア』のインタビューに応え、移籍の経緯を語った。

 森本は、「(ワルテル)ゼンガ監督と(ジュゼッペ)マスカーラがいてくれたから、アル・ナスルへ加入することができました。僕の決断に大きな影響を与えましたね」と、カターニア時代の恩師と同僚の存在が移籍を後押ししたと明かした。また、「今、新たな経験をすることで、たくさんのことを学ばなければいけません。この状況に適応しようとしているところです。アル・ナスルでは良い結果を残せると思います」と、成長を誓っている。

 森本は、9日に行われたアジア・チャンピオンズリーグのプレーオフ、ロコモティフ・タシケント戦で先制点を挙げ、本選出場の切符獲得に貢献するなど、新天地で結果を残している。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
31pt
マンチェスター・U
23pt
トッテナム
23pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
26pt
ライプツィヒ
22pt
ドルトムント
20pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
バレンシア
27pt
レアル・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
32pt
ユヴェントス
31pt
インテル
30pt
欧州順位をもっと見る