2013.02.01

ブラジル代表の新ユニフォームをネイマールがお披露目「最高の栄誉」

 ナイキとネイマールがリオデジャネイロのコパカバーナビーチを背景に、2013年のブラジル代表新ユニフォーム(ホーム用)を発表した。

 新ユニフォームはブラジルの伝統色と革新的なデザインが融合され、ストリートサッカーやスモールサイド(フットサル)から世界最高の選手を輩出し続けるブラジルサッカーの独特の伝統に敬意を表したものとなっている。また、セレソン(代表)がブラジル国民全体にもたらす情熱やインスピレーションを反映した仕上がりに。

 コパカバーナビーチに設置された特設会場に現れ、ブラジル代表の新ユニフォームをお披露目したネイマールは、「カナリア(ブラジルの黄色)を着ることは最高の名誉。サッカーはブラジル人の生活の一部であり、ブラジルの代表ユニフォームには伝統的なデザインと実力を発揮するために必要なテクノロジーが搭載されている」と語っている。

 新しいホームユニフォームには伝統とシンプルさが表現され、トップスにはV字のマチや、グリーンの襟の部分にデザインされたクラシックなリブがあしらわれている。また、熱圧着によるシームレス加工を施し、レーザーで裾にも通気孔を設けるなど、現代のフットボールプレーヤーに求められる機能的なベネフィットを提供するとともに、国民のためのユニフォームとしてすべての人々が求めるミニマルでクラシックな印象に仕上げられている。

 スポーツのためのパフォーマンス機能と環境への影響の低減を同時に実現するというナイキの目標に沿って、新しいユニフォームの素材には、ショートパンツに100パーセント、シャツには最低96パーセントのリサイクルポリエステルを使用。1着のユニフォームには平均13本のプラスティックボトルが使用されている。

 ユニフォームにはナイキDRI-FITテクノロジーが用いられ、汗を肌から素早く吸収し、従来商品と比べると23パーセント軽い素材、20パーセント強い構造に仕上げられている。シャツもまた、試合中のプレーヤーのアパレル内の温度上昇を抑えるために、レーザーカットした通気孔がアパレル内をクールで快適な状態に保つ。

 ブラジル代表の新ユニフォーム(ホーム)は2月中旬より順次販売が予定されている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
46pt
マンチェスター・U
35pt
チェルシー
35pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
35pt
ライプツィヒ
28pt
シャルケ
26pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
バレンシア
34pt
アトレティコ・マドリード
33pt
欧州順位をもっと見る
インテル
40pt
ナポリ
39pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る