FOLLOW US

FIFAのブラッター会長、2012年を総括「メッシが現在最高の選手」

メッシが「最高の選手」と話したブラッター会長(右) [写真]=FIFA via Getty Images

 FIFA(国際サッカー連盟)のゼップ・ブラッター会長が、公式HP『FIFA.com』内でインタビューに応え、2012年のサッカー界を振り返っている。

 まず、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが4年連続4度目のFIFAバロンドール(2009年はバロンドール)に輝いたことについて、「メッシは現在最高の選手だ。それに(FIFAバロンドールの)投票権を持つ人間が、皆そう思っていたことは誇らしいことだ」と、見解を述べた。また、「毎年3人の受賞候補を授賞式に招待しているが、2人は手ぶらで帰っている。それを避けるため、3つのメダルを用意することを検討する必要があるね」と、改革案を示している。

 2012年のハイライトを聞かれたブラッター会長は、「女子サッカーだった。まず、FIFAが主催するU-20とU-17の2つの女子ワールドカップだ」と、日本で行われたU-20女子ワールドカップと、アゼルバイジャンで行われたU-17女子ワールドカップを挙げた。続けて、「だが、ハイライトは間違いなくロンドン・オリンピックだ。正直に言うと、女子サッカーに対して多くの観客を集める関心や熱意はないと思っていた。最終的にあんなに多くの幸福感に包まれるとは誰が思っていただろう。素晴らしかった。8万人を集める男子サッカーの聖地であるウェンブリーには、あの日何かがあったね」と、オリンピックでの成功を喜び、女子サッカーの発展を誇っている。

[写真]=FIFA via Getty Images

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO