2013.01.16

マラドーナ氏が仰天発言「もうサッカー界で働くことはない」

母国のサッカー界の現状を嘆くマラドーナ

 元アルゼンチン代表監督のディエゴ・マラドーナ氏が、アルゼンチンサッカー界の現状に不快感を示した。アルゼンチン紙『オレ』など、複数メディアが報じている。

 マラドーナ氏は、「リーベルが(マティアス)アルメイダをクビにして(ラモン)ディアスをすぐに雇ったことがどれほど腹立たしいことだったか。もうサッカー界で働くことはないね」と、古巣のボカ・ジュニアーズのライバルであるリーベル・プレートの監督交代劇に対して、怒りを収められない様子でコメント。「3日以内に新たな監督を就任させることが、腹立たしい。もう1度監督に戻りたいとは思わないね」と、語った。

 リーベル・プレートは、昨年11月28日にアルメイダ前監督を解任。29日にマラドーナ氏との確執も噂されるラモン・ディアス新監督を迎えていた。

 なお、マラドーナ氏は昨年7月に1年の契約を残して、アル・ワスルの監督を解任されていた。

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る